避妊失敗したらアフターピル服用で避妊!

「低実力ピルを数日間呑み忘れていて、うっかりセックスしちゃった・・・。」
「彼氏にコンドームを付けてってお願いしても、聞いてくれない。」

 

 

その他、レイプなどの性犯行に巻き込まれてしまったなど・・・。

 

依然懐妊は望んでいないのに、避妊に出来なかったという時もあります。

 

「今日は防犯お日様だから万全」なんて安らかするのはキケン!
日常の不満や感冒、レディースホルモンの分散が壊れたりという、小さな事で排卵お日様はずれてしまうのです。

 

あなたが「万全」としていてもじつは分かりません。
次回「月経が欠ける・・・」という、そこで何とか「懐妊してるかもしれない」という不安にかられます。

 

その恐怖が不満として、余計に月経が遅れてしまったりといった手詰まりになることも。
その恐怖という闘うのはレディースだ。

 

伴侶や周りの人に相談する事もできず、みずから泣いておるそれぞれも少なくありません。
後から「本当に避妊しておけばよかった」といった後悔しても、とっくにのろいのです。

 

避妊に失敗したら対応ピルを呑む方策がある

 

 

では真に避妊に失敗してしまった場合、恐怖を抱えながら過ごすしかないのでしょうか?

 

いや!避妊後半あっという間にであれば、依然間に合います!
「対応ピル」をご存知ですか?

 

対応ピル(経口避妊薬)は、通称「窮地避妊薬」や「窮地避妊ピル」と呼ばれてある。
ニックネームの通り、避妊を失敗してしまった危機に服用するピルのことです。

 

また避妊失敗した翌朝によく飲まれることから、「モーニングアフターピル」とも呼ばれてある。
性行為から72日にち以内に女性が服用する事によって、望まない懐妊を防ぐ事がもらえる薬だ。

 

対応ピルは真実、産婦人科で処方していただける。
服用する日にちが早ければ早いほど大きい効果を発揮してくれます。

 

逆に72日にちを超えてしまうと効能を得る事は出来なくなるので、危機には出来るだけ早く受診してくださいね。
その他、WEB通販も保持が可能ですが、手元にたどり着くまでに日にちが罹り72日にちを過ぎてしまう可能性があります。

 

また、材質が防犯かなども自己責任に。

 

来院チャージなども入ると幾らかフィーは高くなり10000円もかかります。
はたして窮地な場合は産婦人科で処方される対応ピルを服用する事をオススメします。

 

吐き気などの反作用が出る場合もありますが、スローになって中絶執刀をするのに比べたら少ない不安で懐妊を防ぐ事ができます。

 

こういうピルは自分で自分のカラダを続けるためにも、できるだけ知って望む薬だ。

 

対応ピル ノルレボのジェネリックのアイピルは急に医者へ行って貰うによって通販で安い

 


 

対応ピルは任意診査の為、医者で処方してもらうといった高額になる。
お薬代のみでほぼ1万なんとなく、来院チャージなども含まれて1万5千円は最低限かかると言われています。
金銭的に窮屈それぞれは、お金が払えないので対応ピルを呑むのを諦めてある。

 

厳しい避妊効能があり、反作用も軽々しいといういわれている対応ピル「ノルレボ錠」。
医者で製法すると1万5千円以外かかってしまいます。
ただし!
今ジェネリックで、ノルレボ錠と同じ材質でおんなじ効能が得られるって期待できる対応ピルがあるんです♪

 

アイピル

 

 

ノルレボのジェネリック医薬品で、低価格で個々輸入とれる人気の対応ピルだ。
アイピル1錠程度1780円なので、ノルレボ錠を医者で処方してもらう値段によってヘタすると10分の1!?
処方がなくても購入出来るので、アイピルを事前に購入しておけばいよいよ安心ですね♪
医者へ滑る必要がなくて、お財布にもやさしく好きな時に購入出来るなんて、楽しみだらけ。
通販でまとめ買いをすると安く購入できる時節もあるみたいなので、要チェックです^^

 

何かあってから切羽詰まる前に、通販などで手元に置いて安心しておくのがオススメです。
保持に耐えるそれぞれはぜひ参考にしてみて下さいね。

 

対応ピルで避妊が出来るカラクリ・排卵前

 

とにかくレディースの身体の仕組みに関しまして、簡単にプロフィールします。
レディースのカラダは、月経頻度がありますよね。

 

個人差はありますが、大体一月ごとに排卵を起こし、妊娠する様式が整います。
懐妊をしない通り2週が過ぎると、月経がきて子宮内をリセットします。

 

月経後から子宮内では、子宮内膜を充実させて排卵を起こす実装を始めます。
後排卵お日様を迎え、膣内に精子が入り込んで色付けすると妊娠します。

 

一般的に排卵を起こしてから受精もらえる時間は、一年中だ。

 

なので、排卵お日様程に精子が膣内に生存していれば、受精講じるケー。

 

こういう日数を「排卵期」という済む、排卵期の程1週が懐妊しやすい時節。

 

月経後半〜排卵期前は子宮内膜がまったく充実していない結果「防犯お日様」と呼ばれ、妊娠する見込みは低くなるのです。

 

対応ピルを排卵前に服用すると、子宮内膜が完成していても排卵を強制的にコントロールさせます。

 

精子はきっと3お日様ほどで受精始める思いがなくなると言われています。

 

それで避妊に失敗しても排卵お日様を遅れさせるので、受精やるまえに精子は力尽き懐妊を防ぐ事ができるのです。

 

対応ピルで避妊が出来るカラクリ・排卵後半

 

ではとうに排卵を起こしてしまっていた形態。

 

通常であれば、排卵を起こして受精した後半、今度は受精卵を子宮内膜に着階させる実装を始めます。
着階ができるという、懐妊となります。

 

また、排卵期を消えると、懐妊しなかったので子宮内膜は要らなくなり、子宮から剥がれて出先に放出され、リセットされるのです。
これを一般的に月経といいます。

 

排卵期を終えたうち〜生理前も、仮に着床しても子宮内膜は剥がれる実装が進んでいる結果、懐妊はしにくいと言われています。
排卵後半、妊娠する実装が整っている場合避妊を失敗してしまったらどうなるのでしょうか?

 

排卵後は対応ピルを服用することによって、受精卵が子宮内膜に着床し難くなります。

 

着階止めるうちに子宮内膜が放出されて出向く流れを形作り、懐妊を防いで貰える。

 

対応ピルは、避妊が出来なかった被害ときの著しい助っ人だ。
但しいずれも、成功率は100百分率ではありません。

 

飲んだ後半も、やっぱ正常な状態に返るまでは女性は不安でいっぱいになります。
誰にも申請できず泣いて溜め込む前に、敢然と避妊をするようにしましょうね。

 

対応ピルの効能という日にち

 

 

対応ピルの効果は飲み込む日にちが肝要

避妊に失敗するという被害が起きた中、対応ピルを服用する事によって懐妊を防ぐことが出来ます。
但し対応ピルの摂取には、一環思い切り大切な要素があります。

 

それは、呑む瞬間にて効能が落ちてくるという点だ。
出来るだけ手っ取り早い日にちで服用するという事が大切なピルだ。

 

対応ピルの避妊条件
*12日にち以内の摂取・・・99.5百分率
*12〜一年中以内の摂取・・・95百分率
*24〜72日にち以内の摂取・・・84百分率

 

上記のように、服用する日にちが早ければ早いほど避妊の成功率は高くなります。

 

対応ピルを飲み込む間はいつ?

 

 

上記のように、飲み込むタイミングが早ければ早いほど効果があります。
避妊に失敗してしまったら、出来るだけ12日にち以内に服用するようにしましょう。

 

翌朝には産婦人科へ赴き対応ピルを買うのが理想的です。
遅くても72日にち以内に服用すると、受精し着階講じるのを間際防げるのです。

 

対応ピルは72日にち過ぎると効果はないの?エラワンなら120日にち以下摂取で懐妊を防げる

 

72日にちを超えてから対応ピルを服用しても、成功率は65百分率程ってガクッと下がってしまいます。
では、72日にち以降に懐妊を防ぐことは、すでにやめるしかないのでしょうか?

 

「エラワン」という対応ピルは、最大120日にち以内の摂取であれば懐妊を防ぐ事が出来ます。

 

対応ピルというと「ノルレボ錠」が一般的ですが、エラワンは、ノルレボ錠よりも効果の高い最新のアフターピとして、今注目され始めて要るピルなのです。

 

また避妊パーセンテージも、120日にち以内の摂取であれば95百分率以上の確率で懐妊を防いでいただけるという高い避妊率で至って優秀な対応ピルだ。

 

反作用は他の対応ピルにおいて、頭痛や吐き気が報告されてある。

 

保持も通販で即対応してくれるので、いざというときの為に手元に持っているのにオススメです。

 

対応ピルは無事のおっきい避妊方策なのか・排卵お日様の避妊に失敗しても効果はあるのか

 

 

対応ピルは避妊被害後の最後の心頼みともいえます。
但し、摂取後に反作用が出てしまうのも事実。

 

カラダへの不安はどのくらいなのでしょうか?
対応ピルは、服用する事でレディースホルモンを体内に入れ強制的に月経を起こさせます。

 

中絶執刀を行うによってボディへの不安は少ないですが、対応ピルも満点ボディへの不安は大きいと考えられます。
その為、続けての摂取は遠退けるように言われており、頭痛や吐き気、小さいそれぞれは嘔吐してしまうほどの反作用もあります。

 

「対応ピルを飲めば万全」なんて簡単に考えず、正に被害が起きたときの奥の手として考え、普段から避妊を敢然とするように心掛けて下さい。

 

また、対応ピルは排卵お日様後の避妊敗北にも効果があります。
着階止めるうちに子宮内膜を放出させるので、出血があれば無事放出されたことになります。
それで排卵お日様後半だからと対応ピルを諦めず、すぐに服用するようにしてください。

 

カラダに負担がかかって苦しい思いをするのはレディースだ。
自己を正しく続けるためにも、ふさわしい避妊をしたセックスを心掛けたいものだ。

 

対応ピルの種類 レボノルゲストレル「LNG法」 ノルレボ錠といった「ヤッペ法」フラノバールの違いを検討

 

対応ピルにはカテゴリーが何かとカテゴリーがあってどれがいいのか思い付か、言う感想も豊富見かけます。
対応ピルをカテゴリーごとに比較してみました。

 

「LNG法(レボノルゲストレル)」ノルレボ錠

対応ピルと聞くと、「ノルレボ錠」が一番よく耳にするかと思います。
黄体ホルモン剤でそれほど避妊効果の高いと言われている対応ピルだ。

 

「ヤッペ法」プラノバール化合錠

ノルレボ錠が承認される前に服用されていた対応ピルだ。
ヤッペ法で窮地避妊する際は、「プラノバール化合錠」と「ドオルトン錠」がありましたが、ドオルトン錠は2007年に取り引きが中止されていらっしゃる結果、現在はプラノバール化合錠が製法されます。
プラノバール化合錠は、「エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)」って「ノルゲストレル(黄体ホルモン)」を服用することによって懐妊を予防する事が出来ます。

 

対応ピルというと、上の2種類に分けられます。
では用はどういった違いがあるのか、比較してみましょう。

 

こと後半飲み込む日にち

呑む日にち自体は、LNG法ノルレボってヤッペ法は同じです。
避妊敗北後半72日にち以内に服用して下さい。
やむおえず72日にちを超えてしまった場合は、避妊パーセンテージは大幅に下がってしまいますが120日にち以内であれば服用することが出来ます。

 

呑む頻度

LNG法ノルレボは、一括の摂取で避妊効能を得ることが出来ます。
ヤッペ法は一括服用した後半、12日にち後に又もや摂取と2回服用します。
12日にち後の摂取をとことん忘れ去るそれぞれがいますが、しっかり忘れずに服用してくださいね。

 

何錠飲み込むか

LNG法ノルレボは、一括の摂取場合2錠飲みます。
1たび飲めばその後は効能を待てばいいので、それほど簡単に摂取やれる対応ピルだ。
ヤッペ法は、避妊敗北後半たちまちといった12日にち後の2回とも2錠飲みますので、計4錠飲み込むかたちになります。

 

避妊効能

服用したら、いずれの場合も数日後に出血(月経)が起これば避妊命中だ。
気になる避妊の確率。
LNG法ノルレボ(976事例)ってヤッペ法(979事例)での懐妊パーセンテージを比べたトライ成約では、LNG法ノルレボが1.1百分率の懐妊パーセンテージ、ヤッペ法は3.2百分率の懐妊パーセンテージという結果に。
ノルレボの方が避妊の成功率が大きいことが結果として出ています。

 

反作用

対応ピルを服用するうえで不安なのが反作用。
軽度の人から重症のそれぞれまで様々ですが、それほどLNG法ノルレボの方がヤッペ法よりも反作用は小気味よいという吐露が挙がってある。

 

LNG法ノルレボの反作用

・頭痛
・吐き気
・不当出血
・消退出血液

 

ヤッペ法の反作用

・激しい吐き気(嘔吐)
・腹痛
・頭痛
・胃痛
・目眩
・下痢
・便秘
・不当出血
・肝臓障り
・ミルク痛

 

カラダへの不安がさほど短いのはLNG法ノルレボですが、その分製法費用が高くなります。
わたしが先日、LNG法ノルレボ錠を処方してもらった時は来院勘定も含め1万8千円ほど掛かりました。
対応ピルは任意診査として保険が効かない結果、ママ科などで処方してもらう際にはすきをみて3万円ほどみておいたほうが良さそうです。
ただし手遅れになる前に、対応ピルで望まない懐妊は防いでくださいね。

 

対応ピルの無事

 

 

対応ピルを飲んでもボディに安全なのか

(飲んだ誘惑と飲まない事を検討。飲んで避妊やるほうが肝要という用でお書き下さい避妊を失敗してしまうなどの被害で、望まない懐妊を防いで得る対応ピル。
「反作用があるって訊くし、良いし・・・。たまたま飲み込むのが恐ろしい」
そういって、飲まずに次の月経が来るまで不安で押しつぶされそうになっているそれぞれも少なくありません。
正しく任意診査の為、金銭的には高額になる。
但し、カラダへの不安を考えて飲まないでいたほうが、ちゃんと負担がかからないのでしょうか?

 

対応ピルを服用した形態、薬の力で強制的に月経(出血)を起こさせます。
本来であれば周期的に自然に生じる月経を無理に起こしているためにカラダへの不安は広く、連続的な摂取は勧告されていません。
72日にち以内に服用し、数日後に月経(出血)が起これば避妊命中だ。

 

確かにカラダへの不安は、真っ直ぐ大きいです。
ただし、対応ピルを摂取せずにいた場合も不安はあります。
断然心的の不安だ。

 

次の月経が来るまで、毎日毎日困り続けてしまう。
それぞれにもかなり申請できず、ダディ相手に相談しても「大丈夫だよ」といった小気味よく流されて仕舞うそれぞれも少なくありません。

 

男性は自己に起きていない分け前、不安にイメージを表わし難いみたいですね。
その恐怖がレディースホルモンに影響し、月経が遅れてしまい、もう一度「懐妊したのでは」という不安にかられます。
成約、全体的な不安を考えるといった、対応ピルを服用したほうが時の不安で済み、精神的に何日も困り積み重ねる不可欠もありません。

 

わたしが真にそうでした。
金銭的なすきがなく、対応ピルを諦めて日毎恐怖って闘っていましたが、意外と孤独で涙を流すお日様もありました・・・。
精神的な小物から胃痛や食欲不振にもなりました。
成約懐妊はしませんでしたが、対応ピルを飲んでおけばよかったというずいぶん後悔したのを覚えています。

 

仮に対応ピルの摂取に躊躇しているのであれば、一番対応ピルの摂取をオススメします。
自己を守れるのは自分のみだ。

 

個々輸入で準備しておくのは安くて防犯

 

「分かっているけど、対応ピルを貰う金銭的な窮屈よ・・・」
こんな人の為に、勧告なのが個々輸入だ。

 

対応ピルはママ科で処方してもらうというのが一般的ですが、最近では通販などで個々輸入講じるそれぞれも増えてきています。
個々輸入は処方なども無用結果、避妊失敗してから焦って医者へ走らなくても前々から購入しておけばすぐに対応することが出来ます。
また来院チャージなどもかからない結果、医者で処方してもらうよりも安く購入する事が出来ます。
いざというときの為に、事前に準備しておくのは防犯ですね。

 

対応ピルを飲んだ後半も避妊して行くなら低実力ピルを呑む方策ならボディへの不安は安い

 

「対応ピル」は、はたしてカラダへの不安がすごく、本来であればそれほどオススメは出来ません。
もしも、将来同じことを繰り返したくないというのであれば、「低実力ピル」の摂取をオススメします。

 

低実力ピルは避妊効能を目的として作られてあり、反作用を大幅に軽減した無事の大きいピルだ。
避妊効能以外にも、月経痛の相殺や出血件数の縮小、皮膚に合うそれぞれには痩身効能や肌荒れが治ったというそれぞれもある。

 

本当は私も低実力ピルを服用していた時節がありましたが、出来やすかった面皰がぜんぜん出来なくなりました。
医者で処方してもらうか、通販で購入する事が出来ます。
低実力ピルを服用していれば、避妊効能以外でも望ましい楽しみがついてくるし、将来不安に襲われる苦痛がありません。
もしも耐えるそれぞれがいたら、1たび医者で相談してみてはいかがでしょうか?

 

対応ピルはいざというときのために常備限る

 

出来れば12日にち以内に服用することが望ましい対応ピル。
但し、翌日が週末などで医者で処方してもらえない時もありますよね。
次の月曜日に行けば間にあうとはいえ、12日にちを過ぎてしまうと、段々と避妊の成功率は下がって仕舞うのも正直・・・。

 

そんな時の為に、対応ピルを事前に常備しておくことをオススメします。
元来、対応ピルは避妊被害が起きた場合医者で処方してもらうのが一般的です。

 

ただし最近では、通販で対応ピルを購入する事が出来るようになっています。
通販であれば処方がなくても購入する事が出来るので、何かある前に事前に手元に置いておく事が出来て安心です。

 

事前に手元にあれば、すぐに対応出来るのでおっきい避妊効能を得られるだけでなく、精神的な不安にかられる時間も短くてすむ結果、ダディとの被害にもなりがたく落ち着いて眠りに就くことが出来ます。