避妊指輪の避妊成功率・コスト・反発に関しまして

避妊の一つの種類に避妊指輪があります。
女子センターの避妊方式だ。夫任せのコンドームとは違い自分で管理して予期せぬ妊娠を防ぎます。

 

避妊割合、単価、欠点はどういうものなのでしょうか。

 

避妊指輪の避妊が出来る目的や仕掛に関しまして

 

女子の体内に装着する避妊指輪にて、性交後に放出された精子が活発に活動する事を抑えたり、受精卵が子宮一種膜に着階を防ぐ効果を発揮する事によって妊娠する事を防ぐ仕掛になっています。

 

子宮内にセッティング出来る避妊指輪の種類は2種類有り、黄体ホルモンを子宮の中に受領系に放出するIUSって子宮一種のシチュエーションを変えて受精卵の着階を防ぐ効果を発揮するIDSが有ります。

 

IUDには銅や薬剤が付着されている型も存在してあり、銅付着形は、銅イオンのベネフィットにて精子を子宮内に同行始める成果、薬剤付着形は、黄体ホルモンのベネフィットにて子宮粘膜を薄くする成果が有ります。IUSかIUDのセッティングの違いにて生理が少なくなったり多数なったり始める出来事が発生します。

 

避妊指輪の避妊割合

 

避妊指輪は初めて装着すれば長期的に避妊効果があります。
避妊指輪には何だかんだステージがありますので別個見てきましょう。

 

従来形(FD-1)

 

従来形(FD-1)は、内に留置することにより受精卵の着階を防ぐプラスティック製の避妊指輪で、セッティング間隔は2〜3年で避妊割合は約95百分率だ。

 

銅添付形

 

銅添付形は軸棒に銅線を巻きつけて銅イオンの形成により避妊成果を高めた避妊指輪で、セッティング間隔は約5ご時世で避妊割合は従来形より高くなり97百分率〜98百分率だ。

薬剤添付形(ミレーナ)

 

薬剤添付形(ミレーナ)は黄体ホルモン剤が添付された避妊指輪で、セッティング間隔は約5ご時世で避妊割合は銅添付形によって再び高くなり99.8百分率〜99.9百分率だ。

 

薬剤添付形(ミレーナ)は、子宮内にのみ黄体ホルモンが作用して、子宮一種膜の育成を抑制します。次いで、生理の出血を少なくしたり、生理痛も軽くすることができます。

 

避妊指輪の単価

 

避妊指輪はIUDやIUSという呼ばれ方もしますが、指輪は産婦人科をめぐって装着して味わう必要があり、セッティング時間はケア等も含めて10分け前から20分け前レベル加わり、1度のセッティングで2ご時世から5ご時世持ちます。

 

装着する期間痛みを感じるというヒューマンもいるようですが、装着してしまえば一気にその成果が現れます。単価はリバティー医療なので保険は適用されませんので、その単価はクリニックにてまちまちです。一般的に7万円から8万円レベルかかります。

 

避妊指輪は痛いの?

 

避妊指輪を装着するときの痛みに関しては、基本的に子宮を少し見張るようになっているのでその部分で厳しいと感じる人が多いようです。

 

ですがセッティングそのものは一瞬で完了するので実につらいと感じる時間はそこまで長くなく、人によってはそこまで痛みを感じないに関してもあります。

 

また避妊指輪のセッティング後は不自由が起きなければ厳しいと感じることは僅か結果、身の回りにもとにかく支障をきたすことは僅かと言われています。

 

避妊指輪の欠点・反発

 

避妊指輪を装着するという反発が起きる事があります。

 

腹痛、痛み、おりという、生理過度などです。

 

欠点としてはクリニックに受診して入れてもらうアイテムなので不自由が起こればさすがクリニックに行かなければならず面倒な面もあります。

 

骨盤一種炎症、子宮出先妊娠が起きる事もあるので急に腹痛や出血などがあればすぐクリニック診療ください。

 

何とか高い金額を払って装着しても逸れてしまう事もあるので、気を付けなければなりません。

 

避妊指輪は過去に子宮出先妊娠した事が残る方法、生理過度、男根感染症、銅アレルギーがあれば適しません。